夢売るふたり

ディレクター

西川美和 (にしかわ・みわ)原案・脚本・監督

写真:西川監督のモノクロ写真。色白で卵型の顔に、黒目勝ちの大きな瞳。リングノートを腕に抱え、こちらを向いている。

1974年、広島県出身。大学在学中に是枝裕和監督作『ワンダフルライフ』(99)にスタッフとして参加。その後、多くの監督のもとで助監督などを経験。02年、『蛇イチゴ』でオリジナル脚本・監督デビューを果たし、第58回毎日映画コンクール脚本賞ほか数々の国内映画賞の新人賞を獲得。03年、NHKハイビジョンスペシャルでドキュメンタリーと架空のドラマを交差させた異色のテレビ作品「いま裸にしたい男たち/宮迫が笑われなくなった日」を発表し、ATP賞・ドキュメンタリー部門優秀賞を受賞。05年には、オムニバス映画『female』にて「女神のかかと」を発表。06年、長編第2作となる『ゆれる』がロングランヒットを記録。第61回毎日映画コンクール日本映画大賞、第49回ブルーリボン賞監督賞ほか、国内の主要映画賞を受賞。日本公開に先立って正式出品された第59回カンヌ国際映画祭では、日本から唯一の出品となり高い評価を得た。また、監督自身が小説化を手がけた同名小説(ポプラ社刊)は、三島由紀夫賞の最終候補作となった。

写真:カメラの横で指示を出す監督。キャストとスタッフが監督を囲んだ記念写真。手前に「にしかわ組」と手書きされた大きな看板。ロケ現場の監督。里子役の松たか子に何か説明している。

07年、夏目漱石の異色の短編集「夢十夜」を映画化したオムニバス映画『ユメ十夜』では第九夜を担当。09年、長編第3作目となる『ディア・ドクター』では、第33回モントリオール世界映画祭コンペティション部門正式出品、第83回キネマ旬報ベスト・テン作品賞(日本映画第1位)、第33回日本アカデミー賞最優秀脚本賞など数多くの賞を受賞。国内外で絶賛され、名実ともに日本映画界を代表する監督の一人に。また、同作のアナザー・ストーリーとして出版された著書「きのうの神様」(ポプラ社刊)は、第141回直木賞候補に選ばれ、文学界からも注目を浴びる。本作『夢売るふたり』は、3年ぶり4作目の長編映画となる。

出品・受賞歴

映画『蛇イチゴ』
第3回 東京フィルメックス コンペティション部門正式出品
第58回 毎日映画コンクール 脚本賞
第25回 ヨコハマ映画祭 新人監督賞
2002年新藤兼人賞 優秀新人監督 銀賞ほか
映画『ゆれる』
第59回 カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品
第49回 ブルーリボン賞 監督賞
第61回 毎日映画コンクール 日本映画大賞
第80回 キネマ旬報ベスト・テン 脚本賞
第28回 ヨコハマ映画祭 作品賞/監督賞/脚本賞
第58回 読売文学賞 戯曲・シナリオ賞ほか
映画『ディア・ドクター』
第33回 モントリオール国際映画祭 コンペティション部門正式出品
第33回 日本アカデミー賞 最優秀脚本賞
第33回 山路ふみ子映画賞 映画賞
第34回 報知映画賞 監督賞
第31回 ヨコハマ映画祭 作品賞/脚本賞
第83回 キネマ旬報ベスト・テン 作品賞(日本映画第1位)/脚本賞
第52回 ブルーリボン賞 監督賞
第12回 日本シナリオ作家協会 菊島隆三賞
平成21年度 芸術選奨 芸術選奨文部科学大臣新人賞ほか

▲ページのトップに戻る