夢売るふたり

キャスト 3/3

倉科カナ (くらしな・かな) / 佐伯綾芽 (さえき・あやめ) - 咲月の妹

写真:倉科カナ

1987年12月23日、熊本県生まれ。高校在学時に「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリ受賞。09年、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」のヒロインに抜擢される。主な映画出演作は『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08/塚本連平監督)、『砂時計』(08/佐藤信介監督)、『花子の日記』(11/松本卓也監督)。最新作は『みなさん、さようなら』(12/中村義洋監督)。

伊勢谷友介 (いせや・ゆうすけ) / 太田治郎 (おおた・じろう) - 紀代の夫

写真:伊勢谷友介

1976年5月29日、東京都生まれ。98年、『ワンダフルライフ』(是枝裕和監督)で映画デビュー。主な出演作は『CASSHERN』(04/紀里谷和明監督)、『嫌われ松子の一生』(06/中島哲也監督)、『ブラインドネス』(08/フェルナンド・メイレレス監督)、『十三人の刺客』(10/三池崇史監督)、『あしたのジョー』(11/曽利文彦監督)、『カイジ2~人生奪回ゲーム~』(11/佐藤東弥監督)、「ドラマスペシャル・白州次郎」(09/NHK)、「龍馬伝」(10/NHK)など。映画監督業にも進出し、『カクト』(02)、『セイジ -陸の魚-』(11)を手掛けた。

古舘寛治 (ふるたち・かんじ) / 東山義徳 (ひがしやま・よしのり) - 刑事

写真:古舘寛治

1968年、大阪府生まれ。03年、『サル』(葉山陽一郎監督)で映画デビュー。主な映画出演作として『このすばらしきせかい』(06/沖田修一監督)、『南極料理人』(09/沖田修一監督)、『ぐるりのこと。』(08/橋口亮輔監督)、『クヒオ大佐』(09/吉田大八監督)、『歓待』(10/深田晃司監督)、『マイ・バック・ページ』(11/山下敦弘監督)、『キツツキと雨』(11/沖田修一監督)など。

小林勝也 (こばやし・かつや) / 金山寿夫 (かなやま・としお) - 木下滝子の父

写真:小林勝也

1943年3月25日、東京都生まれ。66年、文学座研究所に入所し、同年に「マスグレーヴ軍曹の踊り」で初舞台。69年に文学座の座員となる。舞台・テレビドラマ・映画と幅広く活動し、主な映画出演作としては『幽閉者 テロリスト』(06/足立正生監督)、『銀色のシーズン』(07/羽住英一郎監督)、『おっぱいバレー』(08/羽住英一郎監督)、『THE LAST MESSAGE 海猿』(10/羽住英一郎監督)、『臨場 劇場版』(12/橋本一監督)、『その夜の侍』(12/赤堀雅秋監督)など。

香川照之 (かがわ・てるゆき) / 外ノ池俊作&明浩 (とのいけ・しゅんさく&あきひろ) - 玲子の不倫相手とその弟

写真:香川照之

1965年12月7日、東京都生まれ。89年、俳優デビュー。主な映画出演作として、『鬼が来た!』(00/チアン・ウェン監督)、『キサラギ』(07/佐藤祐市監督)、『トウキョウソナタ』(08/黒沢清監督)、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いた『劔岳 点の記』(09/木村大作監督)、『カイジ~人生逆転ゲーム~』(09/佐藤東弥監督)、『ゴールデンスランバー』(10/中村義洋監督)、『カイジ2~人生奪回ゲーム~』(11/佐藤東弥監督)など。西川美和監督作は『ゆれる』(06)、『ディア・ドクター』(09)に続き3作目。

笑福亭鶴瓶 (しょうふくてい・つるべ) / 堂島哲治 (どうじま・てつはる) - 私立探偵

写真:笑福亭鶴瓶

1951年12月23日、大阪府生まれ。72年、六代目笑福亭松鶴に入門。以後40年にわたりテレビ・ラジオ・舞台など芸能界の第一線で活躍。「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK総合)、「A-studio」(TBS)などレギュラー番組多数。03年には落語会の発展のため、流派を超えた人気落語家と「六人の会」を結成。08年より上方落語協会副会長を務める。主な映画出演作は『母べえ』(07/山田洋次監督)、『私は貝になりたい』(08/福澤克雄監督)、『おとうと』(10/山田洋次監督)など。西川美和監督作は『ディア・ドクター』(09)に続き2作目。

▲ページのトップに戻る